大分商工会議所鶴崎支所
鶴崎商工青年部規約

(目的)
  第1条
本部は地区内に於ける商工業者の青年層の健全なる育成と発展を図るとともに商工青年部の組織の強化に寄与することを目的とする。
(事務所)
  第2条
本部の事務所は大分商工会議所鶴崎支所内に置く。
(事業)
  第3条
商工業に関する調査研究情報並びに資料を収集し相互の親睦と向上のため努力すること。
  第4条
  第5条
  第6条
  第7条
商工業に関する講習会及び講演会を開催すること。
商工業の振興及び住民の福祉に寄与する行事を開催すること。
関係青年婦人団体との提携又は連絡を行うこと。
前号に掲げるもののほか、本部の目的を達成するために必要な事業を行うこと。
(部員の資格)
  第8条
本部の部員として加入する資格を有する者は、大分商工会議所の会員又は、その後継者であって年齢満45歳以下とすること。
但し、役員会の承認を得た場合はこの限りではない。
(加入)
  第9条
部員の資格を有する者は、所定の加入手続きにより加入することができる。但し、加入の諾否は役員会に於て決定する。
(会計)
  第10条
1, 本部の事業年度は毎年4月1日より翌年3月31日までとする。
2,
本部の経費は会費収入を以ってあてる。
(会費)
  第11条
1, 会費は月3,000円とする。
2, 部員は年4回会費を納入するものとする。
(脱会)
  第12条
1, 部員は次の場合脱退する。
 (1) 会員たる資格を喪失した場合
 (2) 除名された場合
2,
前項の場合のほかに、脱退しようとする部員は、その旨を役員会に申し出て承認を受けるものとする。
(役員)
  第13条
1, 本部に役員若干名、監査役2名を置く。
2,
役員は、役員の内より部長1名、副部長若干名、幹事若干名、副幹事若干名、会計1名を互選する。
  第14条 1, 部長は部を代表し、部を統括する。
2,
副部長は部長を補佐し、部長事故あるときはその職務を代理する。
3,
幹事は、部長の指揮監督のもとに役員会を運営し、各委員会に協力する
4,
副幹事は、幹事を補佐し役員会の記録を含む、全般的な記録を保管する。
5,
役員は、幹事及び副幹事を補佐して会務を掌握する。
6,
監査役は、本部の業務及び会計の状況を監査し、その結果を総会に報告する。
7,
本部に事務局1名を置く。
(役員の任免)
  第15条
役員は、本部の総会に於いて選任又は、解任するものとする。
(役員の任期)
  第16条
1, 役員の任期は2年とする。但し、再任を妨げない。
2, 任期の満了又は、辞任によって退任した役員は、後任者が就任するまで引続き、その職務を行うものとする。
(総  会)
  第17条
1, 総会は、通常総会・臨時総会の2種とし、部長が召集する。
2,
通常総会は、毎年1回、臨時総会は部長が必要と認めたときに役員会の同意を得て開催する。
3,
総会は、部員の2分の1以上の出席で成立し、出席者の過半数を以って議決する。
4,
総会の議長は出席者より選出する。
(総会の決議事項)
  第18条
この規約で、別に定めるもののほか、次の事項は総会の議決を経なければならない。
(1) 規約の制定、変更又は廃止
(2) 事業計画及び、収支予算並びに、会費の決定又は変更
(3) 収支決算、事業報告の承認
(4) 役員の選任
(役員会)
  第19条
1, 本部に役員会を置く。
2,
役員会は部長、副部長及び役員の全員をもって組織する。
3,
役員会は、部長が必要と認めた時に、開催する。
(顧問及び相談役)
  第20条
1, 青年部に、顧問及び相談役を置くことができる。
2, 顧問及び相談役は、役員会の同意を得て部長が委嘱する。
3,
相談役は支所長と顧問・監査以外の部長経験者とする。
(戒告及び除名)
  第21条
この規約に違反し、又は、本部の対面をけがす行為があった部員に対しては、役員会の議決を経て除名することができる。
<附  則>
  (慶弔)
部員が結婚した場合は祝金10,000円を支出する。
部員が1週間以上入院した場合は見舞金3,000円を支出する
部員又は、配偶者、一親等(両親又は子供)の親族が死亡の場合は香典を5,000円支出する。但し、返礼等は一切しない。
以 上